© 2019 Museum furin-an

アグネス フス

AGNES HUSZ

 私の作品の原点に影響を与えたのは、1990年から1993年の、人生における大きな出来事です。この期間、私は修士号を取得するために時間を費やし、ハンガリーで行われた国際ワークショップにおけるセラミック・スタジオ、Kecskemet(ICSHU)とSiklosで作品を制作し、そして日本へ、オランダ・EKWCへ旅をしました。これらの出来事が私の作品の象徴、現在の特徴を確立することになりました。このうち、最も重要なのは、1993年にオランダで3ヶ月滞在していたヨーロッパ陶芸ワークセンター(EKWC)における、最初の"スパイラルオブジェ"を制作したことでした。ここに、粘土の湾曲したローリングリボンによる、私の新しいヨーロピアン-アジアンスタイルが生まれました。当時、私は幅の広い平らな粘土の帯で、非常に小さなものから1メートルを超える大きなものまで、渦巻きのオブジェを作り始めました。私がこのアイデアを発見し、展開し始めてからは、渦巻きで湾曲した世界に全てを捧げました。このユニークな形状は、私に素晴らしいパワーをもたらしました。そして、それはついに私自身を定義し、作品に美を与えました。それは画家のタッチのようなものであり、私自身を表現する方法です。渦巻き状、包帯状、渦巻きが互いにぶつかり合う。そらはすべてを暗示している。バウンディングとアンバウンディングの動き、ドローイングインとスイングアウトの旋回動作。これらのコントラストは、決して終わらない動き、無限を超え自然を超える生の循環を想起させます。それは日本で与えられた贈り物です:宇宙の哲学。

​陶歴DownLoad